ゴッズ・オウン・カントリーサムライマラソン

2019年02月26日

ヴィクトリア女王 最期の秘密

目次

ヴィクトリア女王 最期の秘密
Victoria & Abdul

2017年イギリス・アメリカ
監督 : スティーブン・フリアーズ

Victoria&Abdul


ヴィクトリア女王とインド人従者の友情を描いたお話。
身分や年齢差を超えた、ハッピーでハートフルな物語を想像して鑑賞しましたが、予想外にもやもやしてしまいました。

ジュディ・デンチ演じるヴィクトリア女王は人間味溢れていてとても魅力的でした。
でも従者アブドゥル (アリ・ファザル) にはとにかく共感出来なかった。。。
いつ本性を出すか、ずっとはらはらし通しで、落着けなかった。
上昇志向が強く、その為に同胞が犠牲になってもお構いなしだし、目線は常に女王へ向けられコビコビで、王室職員への気遣いもなし。
まだ下僕として下に見られているときなら、ナニクソ精神でそれもありかもしれないけど、女王の一存でどんどん位が上がっていってるときにそんなだったら、周りは面白いわけない。
自分を大事にすることで、大事な女王が反感を買っているときも、「自分はこのままで良い」ような、謙虚な発言もなかった。
共感は難しい!

王室職員にしても、女王の家族にしても、基本はアブドゥルと同じで、上昇志向もあるし、女王や国を大事にしてきたのに、なぜかアブドゥルだけ重用されたら、たまったもんじゃないと思う。
国のトップが急にかぶれてふらふらしだしたら、国の行く末に不安を感じます。

王室職員にも、気持ちも良く分かる一方、共感出来ない部分がありました。
女王に職員の総辞職を告げる際、気の良い女性に押し付けるところが特に印象的。

イギリスの時代ものは大好きだし、作品のテイストも大好きですが、ストーリーが私には難しかったです

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ジュディ・デンチ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04


マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ジュディ・デンチ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04










 

hamoyama at 00:00│Comments(0)映画 | あ行

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゴッズ・オウン・カントリーサムライマラソン